24時間スタッフ常駐の神戸ケージレスペットホテル ペットシッターかわい

〒652-0047

神戸市兵庫区下沢通3丁目

第一種動物取扱業者

名称 株式会社ペットコミュニティハウス

代表 河合 弥生

所在 神戸市兵庫区下沢通3丁目

種別 保管

登録番号 0417003号

登録年月日  2017年7月21日

有効期間末日 2022年7月20日

動物取扱責任者 河合 弥生

ケージに入れずお預かりする、神戸の安心ペットホテル「ペットシッターかわい」です。

 

満室情報を更新しました!

 

 

【2月の満室情報】

2018年2月5日(月)

2018年2月9日(金)~2018年2月11日(日)

 

【3月の満室情報】

2018年3月2日(金)~2018年3月6日(火)

2018年3月9日(金)~2018年3月12日(月)

2018年3月17日(土)~2018年3月25日(日)

2018年3月31日(土)

 

 

【4月の満室情報】

2018年4月1日(日)~2018年4月2日(月)

2018年4月28日(土)~2018年4月30日(月)

 

 

 

いつもたくさんのご予約、ありがとうございます。

 

春のご予約も、混みあってきました。

ご検討中の方は、お早めにご連絡くださいねキラキラ

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

image


ケージに入れずお預かりする、神戸の安心ペットホテル「ペットシッターかわい」です。

 

 

 

寒い寒い毎日が続いていますが、
いかがお過ごしでしょうか?

 

 

ペットシッターかわいでは、

かねておよりお伝えしておりました

「犬の幼稚園」プレオープンを無事に終え、

ほっとしているところです照れキラキラ

 

 

 

 

本日は、当店を「見学したい」と考えてくださっている方へのお願いがございます。

 

 

たくさんあるペットホテルの中、

当店に興味を持っていただけたこと、とてもうれしく思います。

 

 

さらに、お忙しい毎日の中、「見学に行きたい」とご連絡くださり、

本当にありがとうございます。

 

 

 

当店では、次のようなお客様に、ご見学にお越しいただいております。

 

 

 

 

●犬の幼稚園のご利用を検討くださっている方

●ペットホテルのご利用を検討くださっている方
(お泊りの予定が決まっている方)

 

 

 

お客様・ペットさんにより良いご案内・サービス提供のため、

こういったかたちをとらせていただいております。

 

 

 

あらかじめご了承いただき、ご理解のほど、お願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

「たくさんのペットさん・飼い主さんを笑顔にしたい」

 

 

ペットシッターかわいは、これからも、

 

この想いを大切に、心をこめてお世話させていただきます。

 

 

 

 

お困りの際には、なんなりとご用命ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

image


ケージに入れずお預かりする、神戸の安心ペットホテル「ペットシッターかわい」です。

 

 

満室情報を更新しました!

 

 

 

【2月の満室情報】

2018年2月5日(月)

2018年2月9日(金)~2018年2月11日(日)

 

 

【3月の満室情報】

2018年3月3日(土)

2018年3月9日(金)~2018年3月12日(月)

2018年3月17日(土)~2018年3月24日(土)

2018年3月31日(土)

 

 

【4月の満室情報】

2018年4月1日(日)~2018年4月2日(月)

2018年4月28日(土)~2018年4月30日(月)

 

 

いつもたくさんのご予約、ありがとうございます。

春のご予約も、たくさんいただいております!

ご検討中の方は、お早めにご連絡くださいませキラキラ

どうぞよろしくお願いいたします。

 


寒い寒い季節となりました。

栄養たっぷりの旬の食材は、体を元気にしてくれます。

ワンちゃんの食事にも、ぜひ取り入れてあげてくださいね。

 

●小松菜

 

小松菜は、1年を通してスーパーで手に入れることができますが、
12月~2月にかけて旬を迎えます。

「野菜の優等生」と呼ばれるだけあって、小松菜は栄養価の高い野菜のひとつです。

 

豊富に含まれる栄養素の中でも、注目してもらいたいのが「カルシウム」です。
小松菜のカルシウム含有量は、野菜の中でもトップクラス。
ほうれん草の3倍以上とも言われています。

 

カルシウムは、ワンちゃんにとって特に重要とされるミネラル分です。
歯や骨を丈夫にしてくれますし、神経や筋肉の活動を円滑に進むようにサポートする働きがあります

 

また、βカロテンも豊富に含まれているので、免疫力アップや皮膚・粘膜の強化が期待できます。

 

小松菜は、寒い季節から体を守ってくれる頼もしい食材。
しかし、ワンちゃんに与える際には、茹でてから与えるようにしたほうが、安心です。

 

 

それは、尿路結石の原因となる「シュウ酸」を防ぐためです。
小松菜には、ほんのわずかですがシュウ酸が含まれています。
しかし、シュウ酸は茹でて水にさらすことで軽減することができます。
ワンちゃんにとっても、生のままよりも消化がしやすくなりますので、茹でてから与えるようにしましょう。

 

●ブロッコリー

 

11月~2月に旬を迎えるブロッコリーは、栄養たっぷりの健康食材です。

ブロッコリーにはビタミンが豊富に含まれています。
特に多く含まれているのがビタミンCで、その含有量はレモンよりも多いと言われています。

健康なワンちゃんは、体内でビタミンCを生成することができます。
しかし、高齢のワンちゃん、病気で薬を飲んでいるワンちゃんなどは体内で生成する分だけでは足りないこともあります。

 

ビタミンCには老化の原因となる体の酸化を防ぐ効果や、
健康な皮膚や骨を作るのに役立ちますので、食事で補給できると安心ですね。

小松菜と同じように、シュウ酸を含む食材なので、茹でてから与えてあげるようにしてくださいね。

 

 

●ごぼう

 

ごぼうは栽培された地域によって、旬が異なります。
関東より北の地方では11月~12月、関西地方では「若ごぼう」と呼ばれ、2月~3月に旬を迎えます。

ごぼうといえば「食物繊維」が有名ですよね。
ごぼうに多く含まれている「イヌリン」という食物繊維は、腸を刺激し腸内環境を整えてくれます。

 

また、同じく食物繊維の一種である「リグニン」は、体内の有害物質を吸着し排出する働きがあると言われています。

イヌリンとリグニンの効果で、ごぼうは、ワンちゃんの体を内側からきれいにしてくれます。

 

ごぼうを与える時の注意点は、「大量に与えないこと」です。
ワンちゃんの健康に役立つ食物繊維ですが、ワンちゃんにとっては消化しにくい成分のひとつです。そのため、大量に食べると消化不良を起こしかねません。

 

ごぼうを与える時は、できるだけ細かく、小さく刻み、柔らかくなるまで加熱するようにしましょう。

 

 

 


ケージに入れずお預かりする、神戸の安心ペットホテル「ペットシッターかわい」です。

 

かねてよりお伝えしておりました「犬の幼稚園」犬

ついに、2/3(土)プレオープンとなりました!

 

当日は、完成したてキラキラピカピカキラキラの「犬の幼稚園」で、

入学説明と個別相談会(要予約)を開催いたします。

 

 

「犬の幼稚園って何?」

「うちの子に合うかしら?」

「通わせてみたいけど、ちょっと心配・・・」

 

 

そういった飼い主さんのお気持ちに

ひとつひとつお答えしたい、と思っております。

 

 

相談会終了後には、2/3だけの”犬カフェコーヒー犬”を特別オープンハート
ワンちゃんと、ワンちゃんを愛する皆様と、
ざっくばらんなヒトトキを過ごしたい!と、今から楽しみに準備をしています。

 

 

たくさんの想いと時間をかけて完成した「犬の幼稚園」

どんなスペースになったのか、

実際に過ごしていただいて、実感していただけたら・・・と思っています。

 

 

当日は、ワンちゃん用の自家製おやつもご用意いたします。
ぜひぜひ、ワンちゃんと一緒に遊びにきてくださいね!

 

星「犬の幼稚園」プレオープン星

  ●日にち 2018年2月3日(土)

  ●入学説明+個別相談会【要予約】  ※節分豆のお土産付き!

    ①10:00~11:00
    ②13:00~14:00
    ③14:00~15:00
    ④15:00~16:00

  ●犬カフェ 17:00~

    お気軽にお越しください!

    ワンちゃんの自家製おやつ、ご用意します!

  ●お問合せ、ご予約 

    info@sitteekawai.com 

    ※上記メールアドレスまで希望の時間帯(①~④)を明記の上、ご連絡ください。

    (件名「プレオープン参加希望」とご記入ください)

たくさんの方に遊びにきていいただけたら、うれしいです。

ご連絡お待ちしていますルンルン

 

image


ケージに入れずお預かりする、神戸の安心ペットホテル「ペットシッターかわい」です。

 

 

満室情報を更新しました!

 

 

【1月の満室情報】

2018年1月1日(月)~2018年1月31日(水)

 

 

※現在、「犬の幼稚園」オープンのため、改装工事を行っております。

それに伴い、ペットホテルのご予約がとりにくくなっております。

ご検討いただいておりましたお客様には、ご迷惑をおかけいたしますが、

どうぞよろしくお願いいたします。

(ペットシッターのご予約は通常通り受け付けております。どうぞお問合せください!)

 

 

【3月の満室情報】

2018年3月17日(土)

 

2018年3月20日(火)~2018年3月24日(土)

が、満室となっております。

 

 

いつもたくさんのご予約、ありがとうございます。

春に向かってお問合せが増えてきました。

ご検討中の方は、お早めにご連絡くださいねキラキラ

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

image

 


 

寒い寒い季節となりました。
栄養たっぷりの旬の食材は、体を元気にしてくれます。

ワンちゃんの食事にも、ぜひ取り入れてあげてくださいね。

 

 

●蕪

蕪は3月~5月にかけての春、11月~1月にかけての秋冬の2回、旬を迎えます。
季節によって、おいしさにも特徴があります。

3月〜5月にかけての蕪は、皮が薄くて柔らかく、みずみずしいのが特徴。

そして、11月~1月にかけての蕪は、甘味が増してよりおいしくなると言われています。

 

蕪にはワンちゃんの健康に役立つ栄養がたくさん含まれています。

 

中でも注目してほしいのが、「βカロテン」「カリウム」です。

 

βカロテンには抗酸化作用があり、肌の健康維持やガン予防に効果があります。

 

カリウムの利尿作用は、体内の水分量を調節してくれるので、代謝アップが期待できます

 

また、蕪に含まれる消化酵素アミラーゼは、でんぷんなどの栄養を分解し、消化を高めてくれますし、
栄養の吸収を助けてくれす働きもあります。
そのため、蕪は整腸作用が高く、ワンちゃんのお腹にやさしい食材です。

 

与える量の目安は、1日20g(体重5kgのワンちゃん)と言われています。

 

初めて食べさせる時には、少量からスタートすると安心です。

 

 

●水菜

 

水菜は、冬の食卓に欠かせない食材のひとつ。
年間を通してスーパーで見かけますが、11月〜2月にかけてが本来の旬の季節です。

 

水菜はもともと、京都の伝統野菜として知られていました。
しかし今では、日本全国で栽培されるようになり、最近では茨城県が「生産量日本一」を誇っています。

 

水菜は淡色野菜かと思われがちですが、立派な緑黄色野菜。
シャキシャキした歯ごたえが人気ですが、栄養もたっぷりの優秀食材です。

 

水菜は、わんちゃんの体を病気から守り、強くしてくれる野菜のひとつ。
豊富に含まれるビタミンCは、体の抵抗力を強化し、風邪・感染症の予防に効果的です。

 

また、あまり知られていないかもしれませんが、実は水菜にはカルシウムが豊富に含まれています。
「カルシムが豊富な野菜」として知られる小松菜よりも、その含有量は多いと言われています。
カルシウムは骨を丈夫にしてくれるので、骨粗しょう症の予防に効果的です。

 

水菜は歯ごたえのある野菜。
与える時は、ワンちゃんが食べやすいように、小さく刻んであげましょう。
また、食物繊維も豊富なので、食べ過ぎには注意が必要ですね。

 

 

●鰆

 

さわらは「魚」に「春」と書きます。
名前の通り、「春を告げる魚」として、古くから親しまれています。
また、冠婚葬祭に用いられることも多く、懐石料理には欠かせない魚のひとつです。

 

回遊魚である鰆の旬は、関東・関西によって異なりますが、「12月〜5月頃までが旬」と言われています。

 

鰆は、ワンちゃんにもぜひ食べてもらいたい、健康な体づくりに役立つ魚です。

 

鰆の魅力は、良質なタンパク質。
肉よりも体内で消化されやすいと言われています。

 

また、不飽和脂肪酸と呼ばれる「DHA(ドコサヘキサエン酸)」「EPA(エイコサペンタエン酸)」が豊富に含まれています。
DHAには、脳の働きを活発にし、学習能力・記憶力を高めてくれます。
高齢のワンちゃんにとっては、認知症予防効果も期待できます。

 

また、EPAは、コレステロールや脂肪分を減らす効果がありますので、動脈硬化・心筋梗塞を予防に役立ちます。

 

与える際には、骨に注意してください。
人間にとっては気にならない小さな骨も、ワンちゃんにとっては危険になることもあります。
「よく噛んで食べる」ということが苦手なワンちゃんは、骨をそのまま飲み込んでしまう可能性が高いです。
その結果、口や喉を傷つけたり、胃腸に負担をかけてしまうことも考えられます。
骨をきちんと処置してから、ワンちゃんに与えてあげるようにしてくださいね。


日に日に寒さが増す12月。
水分量、運動量が減りやすい冬は、ワンちゃんも便秘になりやすい季節。

 

「犬の便秘は万病のもと」とも言われています。

 

12月に旬を迎える食材は、そんな悩みを解消してくれます。

 

手作りご飯の食材として、いつもの食事のトッピングとして、
ぜひぜひ活用してください!

 

 

●レンコン

穴の開いた見た目から「先を見通せる」縁起物として重宝されるレンコン。
ワンちゃんの体にとっても、お腹に優しい健康的な食材です。

 

豊富に含まれている食物繊維は、有害物質を排出し、腸内環境を整えてくれます。

 

また、実はビタミンCも豊富に含まれているレンコン。

 

疲労回復、風邪予防などの日々の小さな病気にも役立ちますし、
老化、ガン予防にも効果が期待ですきます。

 

注意点は「ワンちゃんが食べやすいように」与えること。

 

他の食材でも同じことですが、食物繊維が豊富に含まれているレンコンの場合、
特に気を付けていただきたいです。

 

「薄く切る」「細かく刻む」「すりおろす」など、ひと手間かけると、
ワンちゃんの体への負担を軽くすることができます。

 

 

●白菜

 

冬野菜の代表・白菜。12月~2月に旬を迎えます。
中国では昔から「不老長寿の薬膳食材」として重宝されてきた、健康野菜です。

 

白菜の95%は水分です。
そのため、含まれる栄養素は微量ですが、まんべんなく様々な栄養素を含んでいます。

 

注目したいのはビタミンC、カリウム、食物繊維。

 

ビタミンCは風邪予防・免疫力の向上に、カリウムは腎臓機能をよくし、利尿作用を促進してくれます。

 

有害物質を排出し腸内環境を整えてくれる食物繊維は、
ワンちゃんにとって消化しにくい栄養素でもあります。しかし、白菜の繊維やわらく、ワンちゃんも消化しやすいでしょう。

 

加熱してやわらかくしてあげると、さらに食べやすく、負担も少ないです。

 

 

●鯖

 

「家庭料理の魚」の代表、鯖。
1年を通してスーパーに並んでいますが、旬は10月〜2月です。

 

鯖は「青魚の王様」と言われるくらい栄養価が高く、ワンちゃんも大好きな魚のひとつです。

 

特に豊富なのが不飽和脂肪酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)です。
DHA、EPAはどちらも、体にとってよい働きをしてくれます。

 

血液をさらさらにする効果があり、動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞の予防、生活習慣病から体を守ってくれます。

 

また、ビタミンが豊富に含まれているのも、鯖のいいところ。
特に注目したいのが、ビタミンD。
カルシウムやリンの吸収をよくして、骨を強くする働きがあります。

 

与える時の注意点は、生ではなく、加熱したものを与えるということです。
なぜならば、ごくまれにですが、生ものには寄生虫がついていることがあるからです。

 

寄生虫は加熱することで除去できますので、必ず火を通してから与えるようにしましょう。

 

また、与える前には、骨を取り除いてあげるか、骨が柔らかくなるまで煮込んでからにしましょう。
そのまま飲み込むと、魚の骨が喉や内蔵に引っかかってしまう可能性があります。

 

 

※河合弥生のオリジナルレシピはこちらからご覧いただけます!
https://www.gex-fp.co.jp/lacook/recipe/

 

 

 

 

 

 


冬が始まる11月。
とっても身近な食材たちが旬を迎えています。

スーパーでも食卓でも、
レギュラーメンバーとして活躍してくれてる食材たちですが、
やっぱり旬の季節はひと味もふた味も、おいしさが違います。

「ぜひ改めて、味わってもらいたい」

そんな11月の旬食材をご紹介します。

 

 

●大根

11月~2月に旬を迎える大根。
豊富に含まれたカリウムは、利尿作用を促進し、体にたまった老廃物を排出してくれます。

 

さらに、大根にはジアスターゼなどの消化酵素が多く含まれているので、穀類などと一緒に与えると
消化を助けてくれます。
また、胃腸が弱っている時、肝機能が低下している時のサポート食材としても有効です。

 

消化酵素の特徴は「熱に弱い」こと。
そのため、大根を与える時には「生のまま」がいいでしょう。
大根おろしにして与えると、ワンちゃんも食べやすく、おすすめです。

 

捨ててしまいがちな葉の部分は、実は立派な緑黄色野菜です。
抗酸化作用の高いビタミンC、E、カロテン、カルシウム、鉄分など、栄養素が豊富に含まれています。
加熱調理をして、細かく刻んで与えてあげましょう。

 

大根に含まれる辛味成分は、胃腸を刺激するため、食べ過ぎるとお腹をこわしてしまいます。
初めて与える時には特に、様子を見ながら少量ずつ与えるようにしましょう。

 

 

●人参

 

年間を通してスーパーで販売されている人参は、食卓の常連さん。
4月~7月の「春夏にんじん」、11月~12月の「冬にんじん」と2回の旬を迎えます。

 

「甘味も栄養価もぐっと増す」

 

と言われている冬にんじんは、ワンちゃんにとって低カロリーで高栄養価な健康食材です。

 

豊富に含まれている食物繊維は、便通を改善し、腸内の発がん物質を体外に放出する働きが期待できます。
また、βカロチンには強い抗酸化作用があり老化防止に役立ちます。

 

その他にもビタミン類が含まれている人参は、栄養バランスの良い食材と言えます。
特に、お腹の調子を崩しやすいワンちゃん、成犬~シニア期のワンちゃんにおすすめです。

 

人参の与え方としては「生よりも加熱」がおすすめです。
生で食べたらダメ、というわけではありませんが、消化不良の原因になるかもしれません。
特に、手作り食を始めたばかりのワンちゃんは注意してあげてください。

 

そして、βカロチンには加熱することで吸収が高まる性質があります。
そのため、加熱調理したほうがワンちゃんの体により優しく栄養を届けてあげることができます。

 

飼い主さんの中には「人参を過剰摂取すると危険」という説をご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
βカロチンは体内でビタミンAに変わります。
人参をたくさん食べると、ビタミンAが過剰になり、肝臓に負担がかかるのでは…
というのがその説の根拠とされています。

 

しかし、体に必要な量しかビタミンAには変わらないので、心配しなくて大丈夫。
安心してワンちゃんに与えてあげてください。

 

甘味の強い冬にんじんは、ワンちゃんが喜んで食べてくれる食材のひとつです。
いつもの食事のトッピングや、おやつにおすすめです。

 

 

●鮭

 

私たちにとって身近な魚NO.1の鮭。9月~11月に旬を迎えます。

優れた栄養価を持つ「スーパーフード」として注目されている鮭は、
ワンちゃんからの人気が高い食材のひとつです。

 

注目したいのは、鮭に含まれる赤い天然色素「アスタキサンチン」です。
アスタキサンチンは、体内の有害な活性酸素を除去する働きがあり、免疫力・自然治癒力を高めてくれます。
またアスタキサンチンの抗酸化力はビタミンEの1000倍とも言われています。

 

その他にも、血液をさらさらにしてくれる効果のある、オメガ3系不飽和脂肪酸(DHA・EPA)が含まれてい
ます。高血圧・動脈硬化・狭心症・心筋梗塞などの予防に効果が期待できます。

 

さらには、「万能ビタミン」と呼ばれるビタミンDも豊富に含んでいます。
ビタミンDにはカルシウムの吸収を助ける働きがあります。
丈夫な骨を作るためには欠かせない栄養素です。

 

このように、鮭はワンちゃんの老化防止、健康な免疫力の維持、ガン予防への効果が期待できます。
ワンちゃんに鮭を与える時は、生よりも加熱調理するのがおすすめです。
少量であれば、生鮭をワンちゃんに与えても問題ないのですが、消化しにくいかもしれません。

また、天然ものの場合は別の心配があります。
最近ニュースにも取り上げられた寄生虫「アニキス」による食中毒です。
養殖の鮭の場合、また加熱調理した場合は心配いりませんので、ワンちゃんに与える際には気を付けてチェックしてください。

 

 


ケージに入れずお預かりする、神戸の安心ペットホテル「ペットシッターかわい」です。

満室情報を更新しました!

 

 

【10月の満室情報】

2017年10月1日(日)~2017年10月2日(月)

2017年10月7日(土)~2017年10月9日(月)

2017年10月14日(土)~2017年10月15日(月)

2017年10月17日(火)

2017年10月27日(金)~2017年10月29日(月)

 

【11月の満室情報】

2017年11月3日(金)~2017年11月9日(木)

2017年11月12日(日)

2017年11月14日(火)~2017年11月20日(月)

2017年11月22日(水)

2017年11月25日(土)~2017年11月28日(火)

 

【12月の満室情報】

2017年12月1日(金)~2017年12月20日(水)

2017年12月29日(金)~2017年12月31日(日)

 

 

 

が、満室となっております。

 

 

年末年始のご予約も、たくさんいただいております。

いつもありがとうございます。

ご検討中の方はお早めにご連絡くださいねニコニコ

 

 

image